資産運用するなら不動産にも目を向けてみましょう

日本人は貯金が好きな人種であると言われていますが、あまりにも日本円にばかり偏りすぎています。それだけ日本円に対する信用が高かったのですが、今の時代は日本円だけで持つリスクというのもあります。

 

中央銀行が大胆な金融緩和を行っている中で、円という価値が目減りしているのです。資産の価値を目減りさせないためにも、資産運用として、円以外のドルやユーロなどの外貨、また通貨だけではなく、インフレ対策になる不動産などを持つことも検討してみるのも良いでしょう。

 

来年には消費税も増税される予定ですから、不動産などの高額な商品は数パーセントの増税分が馬鹿になりません。不動産を購入する際、投資用物件であれば立地条件が大切です。人口が多い都心部などの物件であれば、値下がりリスクが少ないですし、いざ売りたいと思った時に買い手もつきやすいので不動産を選ぶ時には立地は重視しましょう。

資産運用するなら不動産にも目を向けてみましょう/リスクを恐れず資産運用関連ページ

ソーシャルゲーム株
金貨購入のお誘い
リスクの低い資産運用
外貨建てMMFの資産運用